1. トップページ
  2. 研究室紹介
  3. 研究内容
  4. 業績
  5. 入学案内

研究内容

手術ナビゲーション

脳神経外科領域におけるTractography脳機能画像ナビゲーション


 

肉眼では確認が難しい臓器内部にある腫瘍と、その周りを走っている重要な血管、または神経の位置を仮想現実、拡張現実といった先端技術を用いて、目に見える形として術者に呈し、安全で精確な手術を支援する手術ナビゲーションシステムについて、私たちはより高精度の患者と画像との位置合わせと、より低侵襲の患者の位置トラッキングを実現すべく、臨床医と工学博士たちが一つになって研究開発を進めています。最近の研究成果により、脳腫瘍を摘出する際に、腫瘍の中を走行する運動神経や視神経などの位置をリアルタイムに表示するTractography脳機能画像ナビゲーションが行われ、重要な神経を保護しながら合併症の少ない手術を行うことが可能となりました。

 

ページの先頭へ
  • 入学案内 入学をお考えの方へ
  • CAMIT
  • 九州大学先端医療イノベーションセンター
  • 九州大学病院内視鏡外科手術トレーニングセンター

九州大学大学院 医学研究院
先端医療医学講座
災害・救急医学分野

〒812-8582
福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-642-6223